2010年12月31日

鐘の声

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり・・ 有名な平家物語の件です.

鐘の音を字で表すとゴーンですよね。 しかし平家物語のように鐘の声

として表すと“御恩(ごおん)”となります。

今年最後の除夜の鐘 音と聞くか声と聞くか。

私は今年一年に皆様方に頂きました御恩に感謝し新しい年を迎えたいと思います。

皆様が素晴らしい年をお迎え戴きますよう祈念致します。

posted by 脱力坊 at 15:40| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

生き方

単に生きるということがどれだけ辛い事なのだろう?

人は社会で役に立ちたいという欲求を心の底に持っているらしい。

「生きがい」 それこそが善く生きるためのレシピなのかもしれない。

posted by 脱力坊 at 17:57| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

年齢

「人生の疲労は年齢に関係がない」  たしか・・坂口安吾の言葉だったように記憶している。

今日、この寺を訪れた年配のご夫婦は車で日本中を巡っておられるそうな。

「まだまだやりたいことだらけ疲れてる暇なんてないのよ!」と素晴らしい笑顔を残して

熊野へ向かって行かれた。

posted by 脱力坊 at 16:06| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

残葉

境内の楓の葉が最後の一枚を散らせました。

今年も暮れていくんだなぁ・・・と実感。 

木々たちが葉を散らし春にまた若葉を芽吹かせるように

私たちも年の暮れに今年一年積もった煩悩を払い清め

新年と共に新しい私を迎える。 

そんな考え方をしてきた日本人で良かったなぁと思います。

最近の年越しはイベントのような風潮になって厳かさが

無くなったように感じます、 少し寂しいですね。

posted by 脱力坊 at 17:26| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

仏教では・・

カミサンとの会話で

サンタさんはお寺には来ないという我が家、子供たちが可哀想という。。

仏教でも子供たちに夢のあるイベントないの? サンタさんみたいな・・

う~ん。。サンタさんねぇ。。 プレゼントというか福を授けるのは大黒様かな。

だっ大黒様? 煙突から入ってくるのが大黒様だったら・・なんかイヤ。。

いや大黒様は煙突から来ないだろっ!

子供たちはどうなんだろう?大黒様からのプレゼントって・・ 

posted by 脱力坊 at 08:51| Comment(2) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

中心

何を中心に生活していますか? 仕事?家族?

人それぞれ答えは違うでしょう。

私たち坊主はお念仏を中心に生活をしなければならない。

毎日お念仏が称えられるように生活リズムを整えなければ

なりません。 それが法然上人の教えです。

しかし自分を省みると・・・

一体何が中心なんだろう?

posted by 脱力坊 at 17:55| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

一字

私が選ぶ今年の漢字。

「断」

色々な事を断ちました。

posted by 脱力坊 at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

稲荷様

昨日出来なかったので今日は東光寺の鎮守様である

お稲荷様をお身拭い。 せっせと励んでいると地元の

ご婦人二名がその様子を見ながら「前から気になっていたけど

なぜ、お寺に商売繁盛の神様(お稲荷様)祀ってるの?」

なるほど・・世間一般ではお稲荷様=商売繁盛の神様なんだね。

お稲荷様は字を見てもらえれば解るけど“稲成る”が稲荷になった。

つまり五穀豊穣の神様が本当の姿であるし、仏教と融合して

荼枳尼天(だきにてん)として祀る風習も生まれたのです。

(もっと言えば真言宗と稲荷信仰も深い関係がありますが

それはまた別のお話にしておきましょう)

そんな訳でお寺が商売繁盛を願っている訳ではないという事

そこだけは分かって頂きたいのです!

posted by 脱力坊 at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

事始め

12月13日 正月事始めですが生憎の雨。

朝のうちは雨もなく、すす払い出来そうな感じだったけど

昼前からポツポツと降りだした。

まぁ二週間あるからのんびりとやりましょう。

そうそう、今日は印南町文化協会の依頼でこの寺の伝説を

歌にするという事で作曲家&作詞家の先生がお見えになりました。

どんな歌になるのやら楽しみです。

posted by 脱力坊 at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月12日

師走というのに・・

この暖かさはいつまで続くのでしょう?

042

兼務寺院の入口には小さな楓があります。

今頃になって紅葉しています。

温暖な気候もありがたい話だけど・・

師走って感じがしないなぁ。。

posted by 脱力坊 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

無理が利かぬ

用事で出かけ深夜遅くに帰宅。 すると翌日はもう、思うように動けない。

やる事は一杯あったのだけれど急ぐ仕事以外は後回しに・・・

なんともったいない一日を過ごしたことか。。

posted by 脱力坊 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

拝み方

毎日欠かさずお参りに来るおばぁちゃん。

ルーティンというか順序をキチンと決めていていつもと違うことを嫌う。

薬師堂の前で柏手を打つ、大きく手を頭の上で合わせて目の前に持ってきて

また大きく頭の上で手を合わせる。 まるで舞を舞っているかのよう。。

それからお大師様へお参りしてお地蔵様。 それが終わってからお墓へ行く。

本当は仏様の前では柏手は打たないのが常識ですが、このおばぁちゃんには

柏手を打つのが日課であり、大事な儀式なので何も言わずに見ている。

正しい拝み方を知るのも大事かもしれないが、一心に拝む後姿を見ていると

形よりも心が大事なんだなぁとつくづく思う。

posted by 脱力坊 at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする