2011年01月29日

一輪

「梅一輪いちりんほどの暖かさ」 

寒い寒いと言いながら春の気配を探し出したくなるこの頃。

来月には当地方も梅花の見頃を迎える季節となります。

 

posted by 脱力坊 at 17:01| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

分かち合い

楽しいことや嬉しいことを他人と分かち合うことは簡単。

しかし苦しみや悲しみを分かち合おうとした途端に離れていくのは他人。

一緒になって背負ってくれるのは家族だろうね。

それでも背負いきれないモノは仏様に預けてみよう。

仏様が差し出した手に抱えてきた苦しみをそっと乗せるだけ。

それだけでいいんです。

posted by 脱力坊 at 09:21| Comment(2) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

追慕

京都で行われた法然上人追慕念仏行脚に参加してまいりました。

太秦、西光寺様を出発し粟生の光明寺まで約4時間を念仏を称えながら

ひたすら歩く。

僧侶のみならず一般の参加者も多い。

ただ黙々と念仏だけを称えながら歩くのは結構、辛いけどたどり着いた

時の感激は何回経験しても気持ちのよいものがあります。

posted by 脱力坊 at 07:38| Comment(2) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

今昔

今日は初めてお会いした他宗のご老僧とお話をさせていただきました。

ご老僧いわく「ワシは若いころからお金をなるべく見なかった、

お布施も中身を見ることはしない」 

「中身をみるとどうしても欲をかくからなぁ。ガハハ!」

中身を見ないとは“気にしない”ということだろう。

貧しくとも地元の方の恵んでくれる野菜、コメなどで食べていくことは出来たらしい。

もちろん私も野菜などを分けて頂くことも多いので大変助かっている。

“清貧” そんな言葉も今や過去のものとなってしまうのか?

昔より現在が住み難くなっているのは確かだが、欲をかきすぎ坊主が多いのも事実。

ご老僧の言葉は柔らかいが厳しいご指導が胸に突き刺さる。

posted by 脱力坊 at 17:28| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

今更ながら・・

昨年に注目された本を人に借りて読んでみた。

私が坊さんという立場を差し引いてみても・・?的な内容。

良かった、この本買わずに。。

 

posted by 脱力坊 at 16:58| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

禁句

病院でお医者さんに「風邪をひいた」と言ってはいけない。 

その判断をするのはお医者さんだから。 自分の体の変調をただ伝えるだけで良い。

それと同じ事(?)で法事を頼みに来て「30分以内で終わらせてくれ」とか「簡単で結構」

などと言われるとハイハイと言いつつ言われた時間より、なが~~く時間をかける私。

わが町のお医者さんも坊さんも偏屈が多い。。

posted by 脱力坊 at 15:26| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

好スタート

既に来年の行事(儀式)向けて動き出しました。

私が住職を拝命してから十年が過ぎました。

来年の儀式を無事に勤める事ができたなら

少しは住職として自信を持つことが出来るのかな?

とりあえず、今年一年の精進に掛かっている。

posted by 脱力坊 at 16:50| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

覚悟

ずいぶん前の天声人語にこの時期は布団の内と外では極楽と地獄の様相だと書いてあった。

なるほど。

とうなずきながら実は本当の地獄、極楽も布団一枚ほどの差しかないのでは?と思う。

何もない日々が極楽で何か事があった時(地獄に落ちたような気分)にしかそれに気付かないもの。。

覚悟・・現在では“あきらめ”的な使われ方ですが、真理の悟りを表す言葉。

日々覚悟して過ごしたいものだ。

posted by 脱力坊 at 17:23| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

教え

「極悪最下の人のために、極善最上の法を説く」と宗祖法然上人はおっしゃられた。

極悪最下の人とは、もちろん私であり 極善最上の法とは念仏(称名念仏)です。

悪人正機説を説くと必ず悪人について誤解が生まれますがここで云う悪人とは

自ら修行に励み悟ることが出来ない人、つまり坊さんも含めて殆どの人のことなんです。

自らの事を自覚せよ、そして念仏申せ それこそが私たちの生きる道であると・・・

posted by 脱力坊 at 13:57| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

寒がり

京都では雪景色の正月だったりとこの冬はえらく寒いようだ。

私が本山で修行中も何回か雪が積もっていたけれど今だったら耐えられないだろうな。

南国和歌山で暮らすようになってすっかり寒がり坊主になってしまった。。

posted by 脱力坊 at 20:57| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

まぜご飯

新年最初の行事である初薬師会式も無事に終わり、正月から日常へと戻っていく。

初薬師会式はお勤めと共に婦人部が作ってくれるお斎(おとき)を参拝者が一堂に会して頂くのが習わし。

まぜご飯とみそ汁、なます、枇杷の葉茶だけの食事ですがそれだけでも満ち足りた気分になります。しかし最近はご飯も食べずに帰る人も多くなってきました。

まぜご飯も今ではご馳走ではなくなったからだろうか?

しかし田舎の寺の昔ながらの行事は大切にしていきたいです。

posted by 脱力坊 at 14:57| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

今年最初の

新春 初薬師会式は八日 午前八時より

昔から健康と病気平癒の祈願所として信仰されてきた当寺の薬師如来様

最近は「ボケ封じ」や「寝込まずにぽっくり逝けるように」等々・・・

お願いも多様化しております。

願う方は勝手なものだが聞いて下さる薬師様は大変だな。。

posted by 脱力坊 at 17:24| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする