2013年10月29日

塞翁が馬

福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生はどう転ぶか分らないものである。

悲しみも苦しみも自分を強くする種。 

posted by 脱力坊 at 09:35| Comment(0) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

目的のある人生観

第44回念仏と講演の集いが和歌山市総持寺にて行われました。

薬師寺管主 山田法胤師を講師にお迎えし講演をいただきました。

師のお言葉一つ一つに考えさせられこの「集い」もただのイベントとしてではなく

念仏を歓び、講演で学ぶという本来の目的を明確にした行事にしていきたいと強く思いました。

 

 

posted by 脱力坊 at 08:34| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

老い

この寺の看板犬。

長年、檀信徒の皆様に可愛がって頂いてる。

若い頃はそれなりにヤンチャで散歩に行くとグイグイ引っ張ってこちらがヘトヘトになったものです。

それが今年の夏にはグッタリとしている事が多く、暑さのせいと思っていたがそうではなくリンパ腫という病気に罹っていた。いわゆるガンである。

治療もあるがそれは完治というより延命の為の治療。

抗がん剤治療のおかげでこの頃は少し元気を取り戻したが散歩に行っても私よりゆっくりとした歩行で若い頃のような力はもはや残っていないようだ。

あとどれ程一緒にいられるか分らないがゆったりと過ごしてほしい。

posted by 脱力坊 at 18:04| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

no-title

「生死はなはだ厭い難く、仏法またねがい難し」  玄義分より

 

この世は苦しみばかりとはいえ多少の快楽もあります。 

そのうえ仏法に導いて下さる釈迦もおられないので心の底からこの世を厭うことはできません。

私たちは愚かな凡夫ゆえたとえ仏教の教えに出会ったとしても厳しい修行もできず自分がどうしたら良いのかさえも分らないのです。。

posted by 脱力坊 at 14:39| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

誕生日

今月、誕生日を迎え 無事に前厄、本厄、後厄と過ごせました。

家族も私の誕生日を忘れていたのか、何も言わず、ただその日一日が過ぎましたが不思議とその日の晩に母親の夢を見たのです。

翌朝、私は母親に電話しました。 「昨日、誕生日でした、なんとか厄年も終わり、それなりに元気に暮らせています。ありがとう」と一言だけ伝えました。

母親はそんな電話に面食らったようです。

子供の頃は誕生日は祝ってもらえる日でしたが、自分の誕生日が目出度くもないような歳になると「命」を頂いたことに感謝の気持ちが沸々とわいてくるようです。

誕生日とは自分の命について考える日でもあったかと今頃になって気付いた。

 

posted by 脱力坊 at 19:26| Comment(0) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする