2014年07月30日

愛別離苦(あいべつりく)

「愛別離苦」とは・・・八苦の一つです。

経典によれば「愛しいものと離れることも苦である」と説かれています。

これは、愛する人や物、それと離別する苦しみということです。先のブログでも書いた「逢うは別れの始まり」いつかは必ず別れなければならないというのがこの世の中の法則それが愛と別離する苦と呼ばれます。

私たちは人との絆を大事に思い、物を大切にしなければならないと考えて生きています。でもその愛情が大きければ大きい程、それを失った時の苦痛も増大することとなるのです。

愛するという感情を持たずに生きていければ苦しみもなくて済むのですが私たちは必ずどこかに愛や情けという感情を持ちそれが無ければ生きてはいけないのです。

その矛盾こそが苦しみといえるのかもしれません。

posted by 脱力坊 at 07:15| Comment(2) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

限られた刻のなかで・・

猛暑が続きましたが皆様お変わりございませんか?

すこしバテ気味な坊主です。。

さて、先週は色々な事があって更新できなかったこのブログですが・・

その間、様々なことを考えさせられました。。

与えられた命を精一杯生き抜いてこられた方、そしてしっかりと後世に残せたものがある人は幸せな人生だったと満足しているのだろうか?

私は限られた刻のなかでいったい何を残せていけるのだろうか?

ただ無為に過ごすだけの日々になっていないかなぁ。。

posted by 脱力坊 at 07:45| Comment(5) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

閑話休題

四苦八苦の続きはまた今度書くとして・・

すこし話を替えましょう。

私の経験上の話で恐縮ですが・・愚痴ばかり聞かされるのはたまったもんじゃないですよね。

特に酒の席で楽しい話題から一転・・仕事や家庭の愚痴ばかり・・なんて経験ありませんか?

まぁ分らないではありませんがその状況から脱する努力はしていますか?

努力をして・・なお出てくる愚痴ならばいくらでも聞いてあげるし慰めてもあげましょう。

自分で動き出さずに相手に求めるなんてムシが良すぎる話です。

といいつつ自分も愚痴ばかりだったりするんですけどね。。



地元の友人と飲むと暗い愚痴ばかりだった経験上の話でした。。

posted by 脱力坊 at 16:21| Comment(2) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

四苦八苦(2)

四苦八苦といっても 4苦+8苦=12苦ではありません。                     

この世の苦しみを分類すると全部で8つの苦しみがあるという意味です。        

最初の四苦から説明しましょう。

「生老病死」を四苦といいます。                                    

仏教では人生は苦であるといいますが、苦とはどういうことでしょうか。

みなさんがたそれぞれが苦といっても、意味が違えばかみ合わない話となります。
仏教では、自分の思いどおりにならないことを苦といいます。
病気とかで体が苦しいというのも、楽になりたいと思うのですが、なかなか自分の思いどおりに楽にはならない。だから苦だと考えます。

よく間違いますが「生」は生まれるではく「生きる」ということです。

生きているから悩みや煩悩につきまとわれ思う通りにいかないのです。

「生老病死」もすべて自分の思うままにはならないもの。「苦」ということなんですね。

posted by 脱力坊 at 10:25| Comment(3) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

四苦八苦

仏教に限らず他の宗教でも天国とか極楽とか素晴らしい世界があるんだって

説いているのはこの世が苦しみに満ちていると認識しているからでしょうね。

仏教ではすべてが苦である「一切皆苦」といいます。

その苦しみをまとめたのが「四苦八苦」というわけ・・

次回のブログはこの四苦八苦について解説していこうと思います。

                           つづく(笑)

posted by 脱力坊 at 20:49| Comment(3) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

会話の中で・・

今日もいい天気。 そろそろ梅雨明けも近そうですね。

いかがお過ごしですか? 少し日焼けした坊主です。

今朝、参道に水をまいているとお墓参りに来たおばぁちゃんと出会った。

「おっさん 水まいたら涼しい感じがしていいのぉ」

「おばぁちゃんも暑い中お参りご苦労さん」

「この歳になると毎朝、今日も目が覚めた ありがたいと思うんやそのお礼にお参りしてるんや」

おばぁちゃんの一言に“信仰”というものがなにか私が教えられたような気がします。

普段、偉そうに法話させてもらっているが毎日そんな新鮮な気持ちで朝を迎えているだろうか?

自分の生活を省みたいと思った朝の出来事でした。

posted by 脱力坊 at 07:51| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

003

今年初めての蓮が開花しました。

あいにくの曇り空すこし光量不足で色合いがわるい(-_-;)

posted by 脱力坊 at 06:02| Comment(3) | ひとこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

梅雨の合間に・・

今朝5時きっかりに起床。 なぜか目覚めスッキリ。

私にしては珍しいことなんです。 起きる時間は一緒でも目覚めは悪いので・・

そしていつもの通りに朝のお勤めや茶湯(仏様にお茶をお供えします)を済ませ涼しいうちに紫陽花の剪定作業にかかります。

黙々と作業を進めるうち気が付きました。そう蝉が鳴き始めたのです。

ふと空を見上げれば濃緑のナギの大木と夏を思わせる空の青。

003

もうすぐ夏が来るんですね。

毎年、暑い暑いと愚痴を言いつつも実は夏は嫌いではないのです。

忙しいお盆もあるけど合間合間に川遊び、釣り、カブトムシ採りなど等・・

子供が小さい時は一緒に遊びました。 

子供に付き合うのではなく私に付き合わせたと云った方が良いかもしれません。

今はもう子供も付き合ってはくれませんが・・・

遊ばなくなっても夏が待ち遠しいような気がします。

posted by 脱力坊 at 08:16| Comment(6) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

遠くて近いもの

清少納言が枕草子のなかで書いている言葉。

「遠きて近きもの極楽 船の道 男女の仲・・・」 と。。

舩の道とは船旅で当時最速の乗り物が船であった。現在では船旅はゆっくり楽しむものというイメージですよね。。。

そして男女の仲は遠いようで近いらしい、ちょっとしたきっかけで親密になるようなことが当時の宮中でもあったのでしょうか。。

極楽は遠くて近いとは清少納言は悟りの境地を開いていたのかもしれません。

本来人間は自分が持っている仏性に気付かずにいるだけで心の中の仏にさえ気付けば心境は極楽そのものであるといった大乗仏教の神髄を心得ていたのかな。

たまに古典を読むと色々な気付きがあって面白いです。

posted by 脱力坊 at 07:04| Comment(4) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月04日

出会いと別れ

仏教の基本的思想は因果の法則・・原因があって結果があるのはこのブログで何度も書いている。

あらゆるものは時を待たず変化していくものである。

遺教経には「逢うは別れのはじめ」と書かれている。

出会いもまた然り・・出会った瞬間から別れが始まっているのです。。




posted by 脱力坊 at 21:58| Comment(4) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

AED講習

小学校にてAED講習を受けてまいりました!

AEDのこと「知っている」のと「使える」のでは雲泥の差があります。

使う機会がないことを祈るばかりですが「もしもの時」の為に参加しましたが・・・参加者少ない。。

1404289979290

心肺蘇生法から人工呼吸そしてAEDの操作まで一連の流れを広域消防の職員さんに丁寧に指導していただき一通り理解できたつもりです。

私あまり人の役に立つスキルを持っておりませんので・・

こういう機会があれば積極的に参加していきたいです。

posted by 脱力坊 at 17:49| Comment(3) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする