2014年10月29日

つれづれなるままに・・

皆さんは吉田兼好法師をご存じだろうか?

そう、徒然草を書いたあの人です。秋の夜長を読書で過ごしている私は久しぶりに(学生時代以来かな)徒然草を読み直してみた・・・その一節です。。

法師ばかりうらやましからぬものはあらじ。『人には木の端のやうに思はるるよ』と清少納言が書けるも、げにさることぞかし。勢まうに、ののしりたるにつけて、いみじとは見えず、増賀聖(そうがひじり)の言いけんやうに、名聞(みょうもん)ぐるしく、仏の御教(みおしえ)にたがふらんとぞ覚ゆる。ひたふるの世捨人は、なかなかあらまほしきかたもありなん。 

よく分らんという人・・・の為に

~今風に言ってみると~

しかし、最も羨ましくないのが僧侶だな。清少納言が『人から木っ端(取るに足りないもの)のように思われる』と枕草子に書いてるけど・・・、本当にそう思うよなぁ。

勢力を増して僧侶としてのし上がっても、全然凄いようには見えない。増賀上人が言ったように、名声欲ってそもそも仏教の教義に背いているじゃん!

格が上とか下とか言うやつに限ってたいしたこと無いよなぁ。

(名声・地位への欲望がない)本当の世捨人であれば、尊敬もするけど。 



う~ん。。私も気をつけよう。。 他人様にそんな風に見られてる僧侶、昔も今も変わらないような気がします。。

posted by 脱力坊 at 11:48| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

お坊さんだって・・

今月末は色々と重なって忙しい。。 お坊さんだってイライラすることもあります(笑)

今日はちょっとした合間を縫ってカメラ片手に逃避行です。。

2014_007

たまたま立ち寄った場所はススキが秋風に揺らされキラキラと光ってました。

ほんの少しだけの時間でしたが息抜き出来て良かった。。

2014_010

posted by 脱力坊 at 21:17| Comment(6) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

子供視点

お参りに行った先のお孫さん。

私が仏壇に供えてある御霊供膳(小さな仏様用のお膳)を作法して仏壇に供え直した。

その姿を真横でじっとみてた彼は「お坊さんごはん残したよ~ おばぁちゃんがせっかく作ったのに~」って大きな声で皆さんにご報告。

その場にいた家族・親族は大笑い。

私も思わず吹き出してしまったけど・・・

お孫さんやお子さんがいて不思議そうに見てる事があるけど子供視点でみる法事やお坊さんって不思議でいっぱいなんだろうね。

posted by 脱力坊 at 16:53| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

秋ですね

今朝は少しだけ早く起床。 いつもの通り朝の作業をこなしコーヒーを飲んでいるとウチの犬が排泄の為に外に行きたいらしく鼻を鳴らしている。。

もう満足に歩けないのに・・

犬を抱えいつも行く裏山ちかくのヤブへ行き犬がゆっくりと排泄場所を探している間に辺りを見回してみたらツワブキの黄色い花が咲き始めています。

秋だなぁ・・ 

001

ミズヒキソウかな・・ ピントが合ってないけど・・

003

005

いつも何気なく通る道ですが犬のお蔭でゆったりとあたりを見ることが出来て季節を感じられました。

posted by 脱力坊 at 07:37| Comment(5) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

法衣

昼間はなんとなく暑いような・・・何とも言えない感じでしたが夕方に雨が降り出すと一気に気温が下がりましたね。。

皆様も体調管理に気をつけてください。

思い返せば夏のお盆の頃・・「クソ暑いのになんで着物を重ね着しなきゃならないんだ!」

とブツブツ文句を言っていたのがこれからの季節は何枚でも重ね着したくなるんですね。

夏の法衣は透けてて(紗といいます)涼しげに見えますが実は暑い。。

冬も重ね着してますが風が袂(たもと)から通り抜けるので寒い。。

和装って結構大変なんだよねぇ。。

posted by 脱力坊 at 17:57| Comment(6) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

後悔

    「最後だとわかっていたなら」   ノーマ コーネット マレック(作)/佐川睦(訳)

あなたが眠りにつくのを見るのが最後だとわかっていたら、わたしはもっとちゃんとカバーをかけて、神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう。

あなたがドアを出て行くのを見るのが最後だとわかっていたら、わたしはあなたを抱きしめてキスをして、そしてまたもう一度呼び寄せて抱きしめただろう。

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが最後だとわかっていたら、わたしはその一部始終をビデオにとって、毎日繰り返し見ただろう。

あなたは言わなくても分かってくれていたかもしれないけれど、最後だとわかっていたなら、一言だけでもいい、「あなたを愛してる」とわたしは伝えただろう。

たしかにいつも明日はやってくる。でももしそれがわたしの勘違いで、今日で全てが終わるのだとしたら、わたしは今日、どんなにあなたを愛しているか伝えたい。

そして私達は忘れないようにしたい、若い人にも、年老いた人にも、明日は誰にも約束されていないのだということを。

愛する人を抱きしめるのは今日が最後になるかもしれないことを。明日が来るのを待っているなら今日でもいいはず。もし明日がこないとしたらあなたは今日を後悔するだろうから。

微笑みや抱擁やキスをするための、ほんのちょっとの時間をどうして惜しんだのかと、忙しさを理由に、その人の最後の願いとなってしまったことを、どうしてしてあげられなかったのかと。

だから今日、あなたの大切な人たちをしっかりと抱きしめよう。そして、その人を愛していること、いつでもいつまでも大切な存在だと言うことを、そっと伝えよう。

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう。そうすれば もし明日が来ないとしても、あなたは今日を後悔しないだろうから。



最後だと分からないからこそ一瞬を大切にしていきたい・・・ですよね。。

posted by 脱力坊 at 20:25| Comment(4) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

第45回念仏と講演の集い

青年僧の会主催「念仏と講演の集い」が和歌山市 総持寺に於いて行われました。

ことしの講師先生は講談師・声優の「一龍斎 春水先生」

とても素晴らしい透き通ったお声で素敵なお話を聴かせて頂きました。

1413720467525

1413720491156

先生には私どもの不手際や準備不足にも嫌な顔一つされず精一杯の講演を努めて下さり懐の大きさ、寛容さに感謝した次第です。

私たち青年僧侶も今回の反省を次回に生かしより参加者に喜んで頂ける講演会にしていきたいと思います。

posted by 脱力坊 at 21:30| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

私たちには両親がいます。その両親にもそれぞれ両親がいて十代前では千人を超します。

その親たちの命を受け継いだ私たちは色々な種を持っている訳です。

そして生まれてきた後でも色々な環境の中で色々なものが交わり影響し合っていく。

だからね、どんな事がこの身に起こってもおかしくない。

私たちが持って生まれた種はどのような花を咲かすか分らない。それは受け入れるほかないのです。

それが生きるってことじゃないかな。。

posted by 脱力坊 at 08:42| Comment(4) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

お蔭とは・・

「花を支える枝 枝を支える幹 幹を支える根 根は見えねんだなあ」 相田みつを

“誰のお蔭で飯が食えると思っているんだ!” 

子供が親に云われたくない言葉の上位にランクインする言葉だそうです。。

お蔭というからには目に見えない所で私たちを支えてくれる力を指すのですが・・・自分で自分の力を誇示しては“お蔭”ではありませんね。。

見えないけれど大きな力で私たちを支えてくれる。そんな存在になりたいものです。。

ちなみに私は子供に「誰のお蔭で・・・」と言ったことは一度もありません。。

だってお寺は檀家さんや信者さんに支えらているんだもん。

posted by 脱力坊 at 15:50| Comment(2) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

寄り添い

この寺の看板犬。 昨年の今頃、リンパ腫というガンに侵され抗がん剤治療を始めた。

この病気の平均寿命は300日といわれ一年はもたないと覚悟していたが今の所、それなりに元気に過ごしてくれている。

Photo

若い頃の元気な姿とはうってかわり散歩もトボトボとした足取りで老いを感じるのがツライ。。

そんなウチの犬ですが・・時折、私の傍に寄ってきて寄り添ってくれる。。

淋しいのか? それとも淋しさ感じている私を気遣ってくれているのか?

老いに寄り添い、徐々に別れの準備をしているような気がします。。

考えすぎなのでしょうか??

posted by 脱力坊 at 07:57| Comment(6) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

ご案内

10月19日(日) 南部青年僧主催「念仏と講演の集い」が和歌山市総持寺で行われます。

今年の講師は講談師・声優の「一龍斎春水先生」

演題「 中村久子伝~生きること、生かされていること~ 」  

今年の講演会は私は裏方に徹します。

昨年までは胃の痛いことばかりでしたので・・(-_-;)

今年は幾分楽な気持ちで臨めそうです。

講師先生も良いお話を聞かせて頂けるので大勢の皆様のご参加お待ちしております。

posted by 脱力坊 at 21:08| Comment(4) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

隠語

仏門ではお酒はご法度。

しかしお坊さんにお酒好きが多いのは何故でしょうか?

ダメと云われれば余計に欲しくなるのが人間というもの・・

そういうことなのでしょうかねぇ。。

仏門ではお酒の隠語として般若湯(はんにゃとう)といいます。

智慧の湧くお湯という意味ですが・・・

お酒を飲んで智慧が湧くならいくらでも飲みますがねぇ。。

智慧が湧いたつもりになって・・ご満悦に浸るのが精いっぱいでしょうね。。

そう言いつつ今夜も晩酌する私です。。

posted by 脱力坊 at 21:00| Comment(4) | 日記・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする