2014年10月17日

私たちには両親がいます。その両親にもそれぞれ両親がいて十代前では千人を超します。

その親たちの命を受け継いだ私たちは色々な種を持っている訳です。

そして生まれてきた後でも色々な環境の中で色々なものが交わり影響し合っていく。

だからね、どんな事がこの身に起こってもおかしくない。

私たちが持って生まれた種はどのような花を咲かすか分らない。それは受け入れるほかないのです。

それが生きるってことじゃないかな。。

posted by 脱力坊 at 08:42| Comment(4) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする