2017年09月21日

学ぶ姿勢

この町には老人大学という団体がある。

入学や卒業もあるみたいですが・・学生の規定が私にはよくわからない(-_-;)
まぁ高齢者の為の学習講座なんだろうけど。。
さて、その老人大学のフィールドワークが行われこの寺にも30名の方々が来られました。
IMG_20170921_141200.jpg
狭い境内によく入ってきたなぁ…さすがバスの運転手はプロだわ。。
なんて感心している場合でもない。

事前の連絡では30分ほど時間があるのでこの寺の歴史、伝説を説明して下さい・・と言われていたのですが時間が押してきて結局は5~6分ほどしか時間がないという事態。

そりゃいくら私が話のプロでも無理ってモンです(笑)

ものすごく雑で簡素な話になりますよねぇ。。他人のせいにしたくはありませんが無理なものはムリ!
まぁ10月28日に文化協会の寺子屋講座で詳しくお話をするので聴きに来てね♪って宣伝しかできませんでした。。

しかし老人大学って名称…変えた方がよくない?
「20歳でも80歳でも学ぶことやめた人こそ老人である」って誰かが言っていた。
この団体の高齢者は皆、熱心に学ぶ姿勢が印象的でした。

高齢者ではあるが老人ではない…そんな風に感じた今日の出来事です。



posted by 脱力坊 at 21:01| 和歌山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お彼岸ですから

お彼岸だから・・そんな理由で手作りおはぎを頂戴いたしました。
IMG_20170921_122816.jpg
つぶあん、こしあん、きな粉の三種類を10個も・・。

この近所ではお料理上手で有名なおばちゃん、もちろんお菓子もお手の物です(#^^#)
私たち家族が頂く前にご先祖様へお供えしないとね。

なんたって、お彼岸ですから。。
posted by 脱力坊 at 14:29| 和歌山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

存在意義

彼岸に入れば一気に秋めいてきますねぇ。。
9月も後半に突入です。。

さて、どんなことがあっても、どんな扱いをされようとも私は扉を閉めることはしません。
そういう人でありたいと思っています。

だってお寺はそういう場所でしょ。。

普段は無視されようが無関心でいようが…いつ必要とされるか分からない。

必要な時だけ求められ、普段は知らぬ顔。。
人はそんな理不尽を受け入れがたく思うモノです、私も心のどこかで理不尽さに耐えがたい気持ちがあるのは確かです(;'∀')

でもそこを乗り越えてこそ坊主であり、お寺なのだと思う。
私ごときが偉そうにいう事でもないが・・。


posted by 脱力坊 at 05:23| 和歌山 ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする