2019年01月06日

言葉の行方

「言葉」とは人間の認識を共有するための大事な道具です。

こんな大事な道具でも使わない方が良い場合もある。

言葉にしなくてもいい…いや…しない方が良い事もあるって思うのです。

言葉は紙飛行機みたいなものだ…投げた本人の思惑とは違う方向へ飛ぶことが多いのだから(笑)
posted by 脱力坊 at 21:20| 和歌山 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロス症候群

おはようございます。。 まだ「初薬師会式」という今年最初の法会も済んでいないのにお疲れ気味の私です。

少しの頭痛…首と肩のコリ。。

まぁいつものヤツですね(-_-;)

こんな不調に慣れてしまった感がある…本当は慣れてはいけないのだろうけど。。

さて、ロス症候群という病気(?)がある。

身近な人や、最近ではペットなどが亡くなるとその悲しみを引きずってしまい身体の不調を起こしてしまうこと。

いや…ホントに多いのです。

亡くなるということは大変な悲しみです…とてつもない不幸に思えるのは仕方のないことですよ。

でも周りを見渡せば誰もが同じストーリーを刻んで生きていることに気が付くのですが自分だけが悲しんでいるように思えるんですよね。

「死」は特別なことです。でも普通のことでもある。

それを徐々に納得して頂く為に私たちは「お勤め」という儀式・法要を使い説いていくのが仕事です。
もちろん宗教に頼らず、同じ悲しみを背負う人たちとのコミュニティに参加してみるという方法もあります。

どんな方法を使うにせよ、誰かと思いを共有することって前へ進む為に必要な事だと思います。


あっ…私の今朝の不調は「ロス症候群」ではなく頸椎の持病なので‥ご心配なく(-"-;A ..

posted by 脱力坊 at 05:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする