2019年06月19日

ため息の理由

なんか慌ただしい一日でした。。

ようやく一息つきました…ハァ━(-д-;)━ァ…

さて、寺務所の机の上に封筒が・・全国にある八百屋の親分みたいなところから私宛に??

封書を開けて納得…あぁ昨年に叔母の葬儀をしたので初盆飾りのご案内か。。
葬儀自体はこの寺の本堂でしたけど備品は〇〇ホールから調達したので初盆用品のご案内が届いたって訳ですね。。

でもご生憎様・・初盆は昨年済ませました( ̄▽ ̄;)

でも・・こんな案内が届いたらアレもコレも必要なのか?と檀家様は悩んでしまうだろうな。。
実際はほとんど必要のないモノだったりするけど。。

いくら私が必要のないモノまで揃えることないですよ…と言っても「みんなやってることだし」とか「親類に必要だと言われたので」なんて言って結局アレコレと揃ってしまうのが現状。。

私が思いますに・・まず故人を想う気持ちがあって次に供養のカタチがついてくるモノ。
カタチだけ揃えて気持ちが無ければ本当の無駄使いとなります。

どうしても悩んでしまう場合は菩提寺に聞いて下さればいいのに・・と思ってしまう。
商魂たくましいチラシを眺めながらため息一つ。。

あぁ…またお盆の季節がやってくるのか(-_-;)

posted by 脱力坊 at 19:50| 和歌山 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください