2019年11月03日

いのちを渡す

午前中の仕事を終えて午後からは「総代役員研修会」に参加してきました。
ウチの寺の総代さんたちもご参加下さりありがとうございました。

さて、講師先生の話を聞きながら「死」について考えていた。
私たちはいずれ死を迎えますこれは誰も避けることのできないこと、でも人の最後の瞬間は様ざま。

私は誰かに看取ってもらえた人は最後の最後に「幸せ」を感じるんじゃないかと思います。

いのちの受け渡し…そんな実感を私自身が欲しいからそう思うのかもしれません。


posted by 脱力坊 at 20:23| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください