2019年11月08日

訪問

本当に久しぶりにこの町の老人施設へ伺いました。
IMG_20191108_133342.jpg

文化協会の面々と施設入居者との笑顔交流会。

以前にも町の佛教会で法話の会などをやっていましたが…諸事情により途絶えてしまったからねぇ。。
まぁその話はイイでしょ。。誰かの悪口みたいになってしまうから(-_-;)

さて、私たちは何気なく「慰問」という言葉を使っていました。
でも「慰問」とは不幸な境遇の人たちを慰める・見舞うという意味。

たしかに施設の入居者の多くは「認知症」を患っています。でもだれも不幸な人たちではありません。
少し前のことを忘れてしまっているだけなのです。

苦しかったこと、悲しかったことなどを忘れていくのが不幸なのでしょうか?
そんな風に感じてしまうほど「今」を生きている姿を見せてくれる高齢者の皆さん。

表敬訪問と言っても良いぐらいだな(笑)

これからも続けていきたいですねぇ。
posted by 脱力坊 at 19:11| 和歌山 ☀| Comment(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください