2019年06月23日

こころはどこに?

こころ…それはどこにあるのでしょう?

普段の私は穏やかに人と接することが出来る、でも妬みや怒りに支配される時もある。

私だけではないハズ…こころはいつもコロコロと動いて定まらないのです。

そんな自分がイヤならこころを落ち着かせる訓練をしなければいけません。

物事を客観的に見るのも訓練のひとつ。

見方を変える…それは空を見上げるようなものです。青い空を見るだけで気分が落ち着いたりする。

好きなモノ、美しいと思える物を見る様に心掛けましょう。

嫌いな人、苦手な人の中にも青空の様な部分があると思うのです。


posted by 脱力坊 at 21:03| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

行動

おはようございます。昨夜は大先輩の叙勲祝賀会でした。

会場の隅っこで大人しく参加していたはずですが…気が付いたら二次会へ。。

今朝はまだお酒が残る私なのです(-_-;)

20190622060203828.jpg



さて、昨日の会では参加された方は全員、ある役職を嘱託された人たち。

ボランティア精神で多くの経験を積んでおられます。


色々なお話を伺い、私にそんな仕事が出来るだろうか?と不安に感じることもある。

でもそんな事を思い悩んでも仕方ないのだろう。
こればかりは学校の授業のように話を聴いて「はい、理解しました」とはいかない。


仏教…禅宗には「不立文字」という言葉がある。言葉では伝わらない真理がある。

そこは体験するしかないという意味。


何ごとも行動してみて自分で真理を掴むしかない世界があるんですよねぇ。

仕事が巡ってきたときにシッカリ勤めて行けばそれで良いのでしょう。




posted by 脱力坊 at 06:00| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

生と死

おはようございます。 いかがお過ごしですか?

さて、朝から縁起でもないと言われそうですが…人は必ず死にます!

永六輔氏の「大往生」という本に・・。
人は死にます。必ず死にます。その時に「生まれてきてよかった。」「生きてきてよかった。」と思いながら死ぬことができるでしょうか。そう思って死ぬことを「大往生」と言います”

と書かれております…。

時には一人立ち止まり静かに今の「生」に感謝する時間も必要ではないでしょうか?

感謝こそが大往生の条件なのです。
posted by 脱力坊 at 05:41| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

紫陽花

おはようございます。 昨夜からシトシトと降る雨…そして境内の紫陽花は見頃を迎えました。

9e7b23760958d397ccd40e5341670a5a_s.jpg

「人知るもよし、人知らざるもよし、我は咲くなり」 武者小路実篤

他人に認めてもらう、人に認められない…そんな事はどうでいい…ただ咲いていれば・・。
人間だけが他人の顔色をうかがっています。


posted by 脱力坊 at 05:42| 和歌山 ☔| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

他力の力

おはようございます。。
20190606054643706.jpg

朝が来れば目が覚めて「さぁ今日の予定は・・」と何気なく行動に移していく。

自分のモチベーションなんて考えもしないで・・。

モチベーションが上がったとか下がったなんて後付けの理由なのかもしれませんね。

そう、私たちは知らず知らずに「生きよう」としている…自分の意思に関わらずね。
私はその力こそが「他力」だと思っている。

他力をネットでも辞書でも仏教書でも「他人頼み」とか「如来の救おうとする力」とか小難しい教義的な説明が書いてあるがそんな事はどうでもイイ(良いのか?)

お腹がすいたらご飯を食べて、のどが渇けば水を飲んで、深呼吸して、自分の生きようとする力を信じてみるだけで“なんとかなる”もの。。

たまには単純に過ごしてみたら?


posted by 脱力坊 at 05:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

誰のもの?

おはようございます。。 なんだかスッキリしない朝を迎えている坊主です・・皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、自分勝手な心が引き起こす事件が毎日のように報道され、またか…とウンザリしてしまいます。

「命は自分のもの」と思うから命を粗末にし、他人の命も粗末にしていく。
「それでいいのか? 命は誰のもの?」

そんな疑問は学校では教えてくれません、家庭やその家の信仰が教えていくべきものなんですよねぇ。。


posted by 脱力坊 at 05:54| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

無心に咲く

おはようございます。 昨日降った雨が木々を濡らし大地を潤したせいでしょうか、シットリとした空気に包まれている今朝の境内です。


この町の広報誌6月号の表紙を飾ったのはこの寺の紫陽花…朝早くから近所のおばちゃん二人が散歩がてらに見に来てくれたが「表紙の写真と随分違う!」とガッカリした様子。。

そりゃそうだ、あの写真は昨年撮った写真だもん(笑)

それも写真クラブの面々が撮影会で撮ったモノ…アングルにこだわり、不要なモノをきりとり、色を修正する場合もある。

見せたいという表現にこだわった写真…私たちの肉眼で見たモノとは違うでしょう。

でも当の花たちはそんなこと気にした様子もなく、季節が来れば無心に咲いているだけです。
だからこそ美しいと私は思うのです。

色付きもまだまだですがこれから見頃を迎えるこの寺の紫陽花…どうぞ健気な姿を感じに来て下さい。

20190603054853515.jpg

posted by 脱力坊 at 05:48| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

出会い

20190602060047880.jpg

おはようございます。 昨夜は布教師総会に出席…これで総会は全て終了だな。。ヤレヤレです(^▽^;)

さて、人と出会うのは煩わしい事も多々あるがそれ以上に新しい発見があるので積極的に出会いを求めた方が良い。
なにより人との出会いで今まで気付かなかった自分に出会うこともある。

出会いと別れは表裏一体というけれど本当の出会いに別れはないのかも。。

どんなに遠く離れていても心の中に居続けること、それが本当の出会いなのでしょう。
posted by 脱力坊 at 05:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

心施

おはようございます。5月も最終日、いかがお過ごしですか?

さて、「自分の人生に意味があるだろうか?」なんて考えたこと、一度はあるんじゃないですか?
思い通りにいかないことの連続で下を向いてばかりだと余計にそんな事を思ってしまいますよね。。

でも自分の行動が上手くいかなくても、周りの人を思い遣る気持ちがあればそれだけで生きていく意味はあるのだと思うのです。

自暴自棄になってはいけません…思いやりがある人って誰かの役にたっているのです。
それを仏教では「心施」と言います。

心を、思いやりを施す…立派な修行なのです。
posted by 脱力坊 at 05:24| 和歌山 | Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

またね

少し早いけれど今年に初盆を迎える方々の確認と準備をしました。
昨年のお盆を過ぎた時期から今年の6月末までにお亡くなりになった方が今年の初盆となるわけです。。

思い返せば色々なお別れがありました。
遺族の方も納得するほど人生を全うされた方、ご遺族にとってまだまだ必要とされたお若い方も。。
人生は思い通りに行かないモノですね。

そして僧侶が必要ないんじゃないか?と思えるほどキチンとお別れをされた方もいる。

お別れのお手紙を朗読された葬儀でのこと。。

「またね」そんな言葉が印象に残っています。

そうなんです…私が称えるお念仏も呪文ではありません…お念仏は「また会いましょう」の合言葉なんですよね。
宗旨の教義なんて勉強していなくても「またね」と言えるご遺族の方に私は感動したのです。

そんな言葉があれば私の法話やお説教なんて必要ないな。。




posted by 脱力坊 at 21:28| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

人生の集大成

「昨日のお通夜でのお話、大変分かりやすくいいお話でした」と褒めて頂いたのは本葬の30分前に私が僧侶控室に入った直後のこと。。

私が知らない新顔のスタッフさん数人が入れ替わり立ち替わり、そんな事を言うもんだから「ほめ殺しか?」と疑ってしまうアマノジャクな私なのです(-_-;)

普段の私はお通夜で法話は致しません。
お話をさせて頂くのは故人様が火葬されたあとの灰葬法要の場で家族・親類だけとなった時だけです。
でも昨夜はナレーションも喪主挨拶もない簡素化されたお式だったので「じゃあ少しだけ」と話し始めた私。

たしか「お通夜とは参列した方々がそれぞれの思い出や想いを持ち寄る場所。息子たちは母親としての想い、孫たちは祖母としての想い、幼なじみは幼少期の友人としての想い、仕事仲間は同僚としての想い。それぞれが想いを持ち寄ることで故人様の人生の集大成となります」…みたいな話だった。
それ以外にも私と故人様だけのエピソードも添えた。

家族でさえ知らない一面が誰にでも一つはあるものです。

故人様を偲ぶとは儀式だけの問題ではない、支え支えられた人たちが集まることも大事なことだと思うのです。




posted by 脱力坊 at 18:30| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

午後からは仕事もないので草刈りなどをして過ごした。
でも・・梅雨に入る前のカラリとした天気は貴重だよなぁ。。
ほんの少しの時間でも出かければ良かった…と今更ながら思う。。
c2ee31e43c2175930ab96d21a5638c83_s.jpg

さて、さて、今は平行線をたどっている間柄に思えても長い時間の中…どこかで交わるんじゃないか?と思っている。
それぞれ考え方が違っていても分かり合える時がくるような気がするのです。

逆に今は接点もあり同じ方向を見ているつもりでもこの先には大きな隔たりを感じる場合もあるでしょう。

つまり…人間は直線的に生きている訳ではないってことですね(^▽^;)


posted by 脱力坊 at 17:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする