2019年01月22日

月影の

おはようございます。昨夜私が眺めた月はまだ西の空で輝いています。

私が寝ている間にも月は夜空を照らしていたんですねぇ。

「月影の至らぬ里はなけれども眺める人のこころにぞすむ」 法然上人

浄土宗の宗歌にもなっているほど有名な月影の歌です。

私たちは知らない間にも誰かに支えられている…私たちはいつでも恩着せがましいけれど、月は「照らしてやっているんだぞ!」とは言いません。


ありがたいことですわ。。
posted by 脱力坊 at 06:21| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

少欲知足という考え方

夕方5時のチャイムと共に家に帰り着いた。
思ったより早めの帰宅にホッと一息です。。 

IMG_20190118_171501.jpg

昨日は食事を控えめで、しかも休肝日だったから体調も今日は調子が良かったな(笑)

「少欲知足」 欲は少なく、常に足ることを知るべし。。

人間関係も同じことが言えるのかもしれません。控えめ・控えめぐらいが丁度良い(^^;

誰かの役にたてることだけ頑張ればそれでよい。

posted by 脱力坊 at 17:28| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

大事な

今年も1.17がやってきた。

随分と昔の話になってしまいましたね。

悲しいことは出来れば遠ざけたいと思うのは誰でも一緒。

でも大事な悲しみだってある。

歳を重ねるとそんなことばかり増えていくような気がします。

posted by 脱力坊 at 05:27| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

わが身を懺悔

アッチコッチと用事で動いていたがこの寺にいる時間は寺務所で資料を作ったりしている。

今週末から三日間にわたり「五重相伝」という儀式がお隣のお寺様で行われる予定。
新たに仏様のお弟子となる80名ほどの檀家様の為に儀式など行う…その儀式の作法を詳しく説明するのが私の役目。

「我昔所造諸悪業・・・」と自分がこれまでに犯した罪を認め懺悔するためのお経を文字にしながら自分自身のことを想う。

人に説明をする前に自分自身を悔い改めるべきだな(-"-;A ...。

深い欲、怒り、愚かさ…三毒煩悩にどっぷりと漬かりながら平然と生きてるわぃ。。

懺悔、懺悔…あと何回懺悔すればキレイな身になるのでしょう?

「そのままで良い」と仏様はおっしゃっているらしいが…このままの私って負けず嫌いで愚痴ばかり言ってますけどね(笑)
posted by 脱力坊 at 19:25| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

善悪

「人間の本質は慈悲深いもの。思いやりを持つことで自信が生まれ、心が平穏になり、健康に生きられる」ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ法王がおっしゃっている人間の本質っていわゆる「仏性」といわれる私たちが持っている仏のような心を指すのでしょう。

でも人間にはその仏性とは真逆の魔性だって持ち合わせることがある。

人の思いやりにつけ込んでしまったり、誤魔化してばかりの心…善悪は表裏一体なのです。

その事を自覚できるかどうかで今後の人生は変わっていくでしょう。

懺悔の心…それこそ信仰の出発点なのです。
posted by 脱力坊 at 20:09| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

ロス症候群

おはようございます。。 まだ「初薬師会式」という今年最初の法会も済んでいないのにお疲れ気味の私です。

少しの頭痛…首と肩のコリ。。

まぁいつものヤツですね(-_-;)

こんな不調に慣れてしまった感がある…本当は慣れてはいけないのだろうけど。。

さて、ロス症候群という病気(?)がある。

身近な人や、最近ではペットなどが亡くなるとその悲しみを引きずってしまい身体の不調を起こしてしまうこと。

いや…ホントに多いのです。

亡くなるということは大変な悲しみです…とてつもない不幸に思えるのは仕方のないことですよ。

でも周りを見渡せば誰もが同じストーリーを刻んで生きていることに気が付くのですが自分だけが悲しんでいるように思えるんですよね。

「死」は特別なことです。でも普通のことでもある。

それを徐々に納得して頂く為に私たちは「お勤め」という儀式・法要を使い説いていくのが仕事です。
もちろん宗教に頼らず、同じ悲しみを背負う人たちとのコミュニティに参加してみるという方法もあります。

どんな方法を使うにせよ、誰かと思いを共有することって前へ進む為に必要な事だと思います。


あっ…私の今朝の不調は「ロス症候群」ではなく頸椎の持病なので‥ご心配なく(-"-;A ..

posted by 脱力坊 at 05:49| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月31日

大晦日の想い

おはようございます。いよいよ平成最後の大晦日となりました。
今年も色々な役を頂き私なりに精一杯務めさせて頂いたし、こんな私を頼りにして下さった方もいらしたり(ただの消去法で選ばれただけかも?)…それなりに充実した一年だったと思います。

そして歳をとれば煩悩の数は減っていくものだと思っていたけど逆に増えたんじゃない?と思える年でもありました(笑)

煩悩とは自分にとって離しがたく、捨てがたい執着を指します。

そんな執着が人生にとってプラスに働くこともあれば災いを招くこともあります。


どんな災いや困難に見舞われても「生かされている」という実感があれば「ありがとう」と言えそうな気がしています。

今年一年も「生かされた」と感謝しながら締めくくりたいですね。


posted by 脱力坊 at 05:47| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月30日

お地蔵様に・・

おはようございます。。昨夜は布団に入り目を閉じた瞬間に寝入ったような感じ。。
次の瞬間に目を開けたら朝だった(◎_◎;)

いや~久しぶりに深い眠りだったような気がする。。


さぁ今日は境内の六地蔵様を洗わなきゃ。。

皆さんもよくご存じの「お地蔵様」ですがどういう方なのか…は知らないという人も多いでしょう。

お地蔵様は大地がすべての命の根源を育む蔵であるように、苦悩の人々を、その無限の大慈悲の心で救う所から名付けられたとされています。

無限の大慈悲心というのは、たとえ地獄に落ちた者でさえ救おうとする無限の優しさとも言えます。

そんなお地蔵様に一年の感謝と「私が地獄に落ちても救ってね」という下心も乗せて一生懸命、磨かせて頂きます(笑)
posted by 脱力坊 at 06:02| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

ご法事について

おはようございます。。この時期になると来年の年忌にあたるお家から「今年のうちにやってほしい」という依頼がある。

1月早々のご命日じゃ仕方ないですね、と引き受けるのですがこれが結構忙しいのですわ。。


さて、ある方に言われたことがあります。

「法事はしなきゃダメかね?」

う~ん…私たち僧侶は檀家さんを捕まえて「法事をしなさい」という訳じゃありません、ご案内はしますけど。。
そもそも「法事」はする・してあげる…ものじゃありません。

そんな想いでする法事って亡くなった方々に恩着せがましいような気がします。

もちろんご法事をすることでお寺へ布施をして、その布施がお寺の維持につながることは間違いのないことです。
それが先祖から続く檀家様のルールですが、お参りする・しない、会食をする・しない、は好きにすればいいことなんです。

ご家族や血縁者が集まり亡くなられた方との絆を再確認する、意思を確認する、感謝する…それが命を受け継いだ者の気持ちの表し方ではないでしょうか?




posted by 脱力坊 at 05:49| 和歌山 ☔| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

これも修行

おはようございます。。 仕事の合間に年末の掃除をチマチマとやっているこの頃です。

本堂や各お堂はだいぶん掃除も出来たけど住まいの方は全く。。

はぁ~とため息が出そう(*´Д`)

年末に掃除をするのはキレイに新年を迎えるという意味と自分自身を整える意味もあります。

自分の心は取り出して磨く訳にはいきません。
だから身の回りを丁寧に掃除をしながら自分の今までの行いや心の有様を問いただす。

お寺の世界では掃除は「修行」…今まで溜まっていた様々な心の垢を少しでもキレイにしたい。。
posted by 脱力坊 at 05:45| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

違う力

おはようございます。 今日はクリスマスイブですね。
私は仏教徒ですが…こんな日は皆さんが幸せであるように願っています。

さて、金子みすゞの有名な詩に「みんな違ってみんないい」とあります。

この世の中に完璧な人間はいません。
あの人もこの人も足りない部分を補って生きているのがこの世の中です。

他人と違うことが良いのではなく他人と同じじゃなくても誰かを補える力を持つことの大事さを言っているように思うのです。

人はだれでも誰かを幸せにできるし、幸せにしてもらえる…そんな意味だと私は思っています。

皆さんへ、メリークリスマス♪

e25ab5230d046091311db18032de8bfc_s.jpg

posted by 脱力坊 at 05:46| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月22日

悟り

近隣のお寺様で来年早々に三日間にわたって行われる行事のプレイベントのようなモノが今夜行われました。
私の役割は…というと檀信徒の皆さんに行事の説明や作法やその他諸々の説明…行事の期間中の疑問や質問の対応窓口。

まぁ学校で言えば担任教師みたいな感じですかね。。

しかし今夜、実際にやってみて大変な役を引き受けたな~と思いました。。
やれるだけやってみますけど…。


さて、さて、話は変りますが正岡子規がこんな言葉を残しています。

余は今まで…いわゆる悟りということを誤解していた。悟りということは、いかなる場合にも、平気で死ぬることかと思っていたのは間違いで、悟りということは、いかなる場合にも、平気で生きていることであった」

悟りとは死を覚悟するのではない…生きることを諦めないこと・平然と暮らせることなんですね。

生き方=逝き方、つまりはそういうこと。

どんな逆境でも平然と生きればいいのです。

それが「悟り」のひとつ。


posted by 脱力坊 at 22:35| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする