2020年01月02日

雑煮と感謝

おはようございます。正月も二日目でございます。

今日はゆっくりと自分の時間が持てそうな予感です。

さて、我が家の雑煮はおすまし仕立て…関西圏では珍しいのかもしれません。
まぁ私が福岡県出身というのもあって「あごだし」ベースのおすましにシンプルな具材な雑煮なのです。
584a794ad7d68ff5adbf2f600cbbc4b9_s.jpg

雑煮はお正月の神様(歳神様・歳徳神)に供えたお餅や野菜のお下がりをごった煮にした物が起源と言われています。
仏教でいえばお霊供膳のお下がりを頂くようなものですね。

神様と同じものを食べる…という儀式・形式が「お雑煮」なのです。

そう考えると神様も特別な存在という訳ではなく仏教でいうご先祖様と同じ。

神様とご先祖様(仏様)言い方の違いに他なりません。

どちらにしても神様やご先祖様がお供え物を食べてしまうことはありません…だからお供えなんて無意味なことだと決めつけてしまうのはどうでしょう?

食物そのものへの感謝、食物を与えてくれたご縁に感謝、食物を頂けることへの感謝…その全てをカタチ表すのですから決して無意味なことではないでしょう。
感謝こそが人間が人間らしくある為の根幹なのですから。


posted by 脱力坊 at 06:06| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

因果応報

おはようございます。ようやく夜が明けてきました。
20191228063811554.jpg

そういえば昨日が仕事納めだった方々・・一年お疲れ様でした。
何ごとも区切りが大切です。リフレッシュして新しい年を迎えて下さい。

自分の中で「区切り」を持っている人とそうでない人の生き方は全く違ってきます。
その場しのぎ・・後回し・・結局はすべて自分に返ってくる。

それが因果応報というものです。

この努力が報われることがあるはず・・・(;´Д`)

posted by 脱力坊 at 06:37| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

悟り得ない

やっと一息つく時間です。。でもゆっくりと今年一年を振り返る時間すら持てないでいるなぁ。
嬉しかったこと・悲しかったこと・悔しかったこと…様々あったハズだけど、もう頭がボ~として働かないのです(-_-;)

さて、さて、たとえどんなに病苦で苦しんでも別れにしがみ付いてしまう。
死は苦しみからの解放であり救いである…そんな悟りには到達できないのが私たち人間ですねぇ。

それ以前に迷いや怒りすらもコントロールできない私…。悟りには程遠いわ。。



posted by 脱力坊 at 21:03| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

響く

おはようございます。暖かく湿っぽい朝を迎えています‥いかがお過ごしですか?

さて、今朝みたいに湿度が高めになると本堂の木魚の響きが鈍くなる。

やっぱり冬のカラリとした寒い朝の方が音がよく響くのです。

でも響こうが響きが鈍かろうがいつも叩かれる木魚は大変ですよねぇ。
自身を棒で叩かれながら「目を覚ませ・悟りを目指せ」と音を響かせているのです。

寒ければ寒い朝ほどよく響く…辛い時・悲しい時にこそ得るモノがあると教えているようです。
20191217064925464.jpg
posted by 脱力坊 at 06:47| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

祈り

あの場所に行く機会が増えたこの頃ですが、なにも好きで行っている訳ではない…。

まぁ言いたいことは山ほどあるが愚痴になりそうなのでやめておきましょう(;´Д`)

さて、さて、「祈り」について

「バチがあたりませんように」や「これからも見守って下さい」などのように神仏に祈ることってあります。
特にお正月を迎える時期にはそんな祈り方をする人が多いと思う…別に悪いことではありませんけど。

でもそれって祈りというより願いの方が強いのかもしれない。

「お参りしますから私の願いを聞いてください」というのは本当の祈りではないと思う。

祈りは感謝であり慈しみでもある。

私がどんな状況であっても自分以外の為に捧げる想いが「祈り」の本質かもしれないですね。




posted by 脱力坊 at 19:57| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

タイミング

おはようございます。 いかがお過ごしですか?

さて、「死ぬのがコワい」そんな素直な告白を聞いたのは昨日。

「おっさん、ワシはまだまだ死なんよ」と体力をつける為に無理矢理にバナナを口に運んでいるその負けん気は元気だった頃と変わりないように思える。

「死」はさよならではなくて「またね」の世界…怖がらなくていいんだよ・・と言いかけて止めた私。

負けん気を萎えさせるような気がしたので。。

どんな話でも「タイミング」が大切です。

posted by 脱力坊 at 06:48| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

小さなこと

おはようございます。雨で始まる一日…空気もしっとりとして心地よいですね。

さて、人に何かをしてあげる時…あまりに大きなことだと相手は感謝どころか恐縮(?)してしまうことがあります。
そして「なにかお返ししなきゃ」なんて妙な義務感も出てきたり・・。

「なんかスミマセン・・そのうちお礼いたしますから」なんて言いたくない事まで口に出たりする。。

出来るもんならやってみろ!って感じですけどね(笑)

実はそんな事が本当に面倒で、他人にしてあげることは小さな事の積み重ねでいいんじゃないかと思う。

たとえば・・「友達に飴を一個あげる」とか「毎朝、笑顔で挨拶する」「電車で席を譲る」みたいに。
してもらった方がお返しなんて気にしないで「ありがとう」と気軽に言えるようなことを毎日だれかにしてあげられる…そんな日々を過ごしていければ良いなと思う。


posted by 脱力坊 at 05:41| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

決別

おはようございます。いかがお過ごしですか?

季節は日ごとに移ろい風や空の色を変えていくようです…セミがうるさく鳴いていた夏はどこへ行った?(笑)

さて、人生も過ぎ去った日々のはかなさの中から、残された人生の大切さが芽生えます。
若い頃は永遠に続く「命」を信じて自分の終着点を見ようとはしないもの。

しかし気力・体力が衰えを感じだしたころから自分の「衰え」と対峙し青春と決別するのでしょう。

無常を知ることで日々の大切さを知るのです。





posted by 脱力坊 at 05:51| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

些細なご縁でも

おはようございます。いかがお過ごしですか?

さて、私が大事にしている言葉「一期一会」のことはこのblogでも何度か書いたはず。
そして似たような言葉に「袖触れ合うも多生の縁」というものがあります。

「多生」とは輪廻を何度も繰り返すの意、つまり何度も生まれ変わりを重ねて出会ったご縁という意味なんですよねぇ。

人と人との関係はどんな些細なものであっても単なる偶然によって生じるものではないので大切にしなければなりませんよ…。という仏教的な教え。

袖が触れ合わなくたっていい、道で出会った時に手を振り合う仲でも貴重なご縁なのでしょう。

そんなご縁を私たちは疎かにしているんじゃないですか?


posted by 脱力坊 at 05:52| 和歌山 ☔| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

思いやり

おはようございます。 和歌山でも随分と寒くなってきました…いかがお過ごしですか?

さて、思いやりについて。

相手の身になって考えることを「思いやり」と言います。

あの人にはどう聴こえるだろう?
あの人にはどう見えるだろう?
あの人はどう感じているだろう?

相手の気持ちに全て寄り添うことはできません。
相手の視点で全てを見える訳ではありません。

でも思いやることは出来ます。
気持ちを汲み取ってやることは出来るのです。
そのような私たちの姿勢は相手に伝わっていくと思います。
posted by 脱力坊 at 05:51| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

智慧の明かり

おはようございます。 朝の5時、外はいまだ暗い。

寝ぼけながら本堂へ向かう時に無精をして電気をつけずに歩いていたら柱の角に足の小指をぶつけてしまいました。
イタタ…(>_<)

電灯の明かりの有難味がわかったわぃ。。

さて、電気でなくてもローソクの明かりでも足元ぐらいは照らしてくれる。
IMG_20191108_054731.jpg

そんな明かりを仏教では「智慧」と言います。
「智慧」それは勉強ができるとかモノを知っている…だけではなく人々を照らしてあげること。

あぁ‥誰か私の行く道を照らしてくれないだろうか?って・・自分で照らそうとしない私は僧侶失格です(笑)
posted by 脱力坊 at 05:59| 和歌山 ☁| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

かすみ

おはようございます…。今朝は起きた時から目がかすむ(=_=)

いや、ホントに異常なくらい目がかすんでいました。今はようやく普段と変わらぬ見え方ですけど。

これも加齢のせいでしょうか?

たったそれだけの不調でも気持ち悪くて、今はかすみが晴れ、視力が戻ったことに感激している。

しかし人は自分の鼻先ぐらいの視界しかないのに世界を見渡しているような勘違いをしているのかもしれません。
そう・・いつも煩悩という「かすみ」が私たちの目を覆っているのです。

その「かすみ」に気が付いただけマシなのでしょうねぇ。
posted by 脱力坊 at 07:25| 和歌山 ☀| Comment(0) | 法話みたいなこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする